前へ
次へ

葬儀マナーではネクタイピンはご法度です

男性が葬儀に出席する際ですが、 特に注意しなければならない点があります。
それは男性のネクタイ

more

しっかりとした葬儀マナーを身に付けてみよう

お世話になった方が急に亡くなられた場合は、その時にもきちんと対応できるように、お葬式に参列できる準備

more

葬儀マナーを学ぶことが大切

特定のお葬式に参加する前に、葬儀マナーをしっかりと身に付けておくことが、非常に重要なことだと言えるの

more

通夜の服装の葬儀マナーに関して

一般的に言いますと、葬式は2日にわたって執り行います。
1日目が通夜、2日目が葬儀や告別式です。
今日では通夜は夕方以後にスタートされるため、仕事などを通じて告別式に参加することができない人でも供養ができます。
通夜に参列するケースで、どういった葬儀マナー的に服装が申し分ないのかということを理解することが重要になります。
したがって、男性の方と女性の方別に通夜に参列するときの服について把握することが大事になります。
男性のケースでは喪服によって参列することが、葬儀マナー的に大事になってきます。
男性の方は喪服を身につけていくことが原則となります。
喪服については黒無地のスーツになりますが、生地において光沢のないものが間違いないでしょう。
シャツのカラーは白それから、靴下やネクタイは黒を選び、靴に関しても黒が申し分ないと言われています。
指輪や時計を除いて、アクセサリー関係の着用も回避しましょう。
その日に駆け付けるケースなど、喪服が確保できない場合はできる範囲で黒がベースの無地の服を選び出します。
襟有りの白シャツ及び黒がベースのジャケットが要ります。

http://www.hanasou-sougi.co.jp/
葬儀はもちろん、葬儀後の法要などのご依頼も株式会社花葬にお任せください。

https://hanasou-sougi.co.jp/kawasaki_south/
格安料金でも満足いく葬儀が執り行えるよう、花葬では様々な工夫を行っています。

https://hanasou-sougi.co.jp/kawasaki_north/
余計な費用をかけなくても葬儀を執り行うことができる葬儀社をお探しの際は花葬がおすすめです。

女性のケースでも喪服が基本ということになります。
女性においても、原則的には喪服を着用することになります。
アクセサリーに関しては真珠が相応しく、一粒のイヤリングあるいはネックレスのみを付けることを意識しましょう。
ストッキング並びにパンプスそして、バッグに関しては服と同じく黒色が最適で、飾りのないものを活用します。
化粧に関しては薄化粧にすることが重要になります。
チーク及び口紅は活用しないか薄付きにして、アイシャドウについても人目を引くカラーを回避してパールやラメのないものを選出すると良いでしょう。
ヘアスタイリングも、ロングのケースでは飾り気のないまとめ髪が良いイメージとして挙げられます。
以上のように周辺にしっかりと配慮して選考することが大事になってきます。

Page Top